素足が心地よい、天然木のフローリングはいかがでしょうか?

 


皆さんこんにちは。

埼玉県八潮市を拠点に、住宅・店舗のリフォーム工事、新築・耐震工事を手掛けている株式会社 黒建です。


毎日歩き、座り、寝転び…と、私たちが住まいの中で最もよく接する部材は、床材です。今回はその代表格「フローリング」について、種類やメリット・デメリットをご紹介します。




■フローリングの種類は大きく分けて2種類


フローリングの素材は木ですが、その構造は大きく2種類に分けられます。


【無垢(単板)フローリング】


天然木100%で、単一木材から切り出された一枚の木材で出来ている床材です。天然木独特の香りや手触りが心地よく、経年によって変わる色や風合いを楽しめるのが魅力です。ただし、キズや反りに対する定期的なメンテナンスが必要です。



【複合フローリング】

参照:朝日ウッドテックカタログ


合板などの基材の表面に化粧材を貼り合わせたものです。豊富な種類が揃い、キズに強くねじれや反りも起こりにくいので、一般的な住宅でよく使用される素材です。

化粧材には、無垢材のような質感の「挽き板」、天然木の風合いと機能性のある「突き板」、印刷された木目シートで施工性や手入れが簡単な「シート」の3種類があります。




■無垢材の代表樹種を5つご紹介


天然の風合いや触感の魅力で、無垢のフローリングを理想とする人も多いことでしょう。無垢材のうち、代表的な5つの樹種を紹介します。

参照画像:前田木材カタログ



・パイン:

素朴な雰囲気が特徴。経年変化によってヴィンテージ感も味わえる素材



・スギ:

柔らかく肌触りがよい。近年では和風の部屋だけでなく、洋室にも利用されている



・ヒノキ:

強度と耐久性に優れ、独特の芳香が魅力の高級木材



・チェストナット(栗):

木目に特徴があり、強度と耐湿性に優れている



・オーク:

シックな雰囲気を演出。耐久性・耐水性に優れている。他の無垢材と比べて比較的安価




■表面加工でさらに広がる無垢材のバリエーション


「他とは違う雰囲気にしたい」など無垢材の表情にこだわるなら、足裏の感触や光の反射具合に変化のある「表面加工」を楽しみましょう。



【表面加工とは?】


表面加工とは、木材を使用する際に表皮などを削る加工です。昔は実用的な加工でしたが、現在はその意匠性が評価され、デザイン性を高める加工として使われています。


【加工の種類】

画像画像:ウッドワン/マルホンカタログ



・スプーンカット:

スプーンで削ったような無造作な曲線の加工



・ナイフカット:

ナイフで削ったような鋭角的・幾何学的な加工



・ブラッシング(浮造り):

木目のきれいな木材の木目をさらに浮き上がらせる加工



・ハンドスクレイプ:

手で削ったような、長年使い込んだような柔らかさをもつ凹凸加工



・チョウナ:

釿(ちょうな)という太古から存在する道具で削ったような四角い連続模様



・ツキノミ:

大工道具のノミで突いて削ったさざ波のような繊細な凹凸加工


その他、踏み応えのあるスプーンカットに足裏で木目を感じられるブラッシングをプラスするなど、加工の合わせ技も可能。組み合わせでバリエーションはさらに広がります。




■無垢フローリングのメリット・デメリット


無垢のような天然素材は、見ても触ってもいいものです。デメリットもありますが、ちょっとした工夫で克服できることがほとんど。具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。



【メリット】


・本物の木質感・風合いや温かさがある

・経年による色・風格・味わいの変化を楽しめる

・天然木の調湿作用で、室内が自然に湿度調整される

・素足で心地良い温もりが感じられる



【デメリット】


・湿度変化による木材の膨張や収縮が起き、床材に隙間や反りが生じることも

→含水率12%以下のフローリング材を選び、あらかじめ使用する部屋に数日間おいて環境に順応させれば、トラブルは最小限に抑えられる

・傷がつきやすい

→水を含ませて膨らませる・削るなど、ある程度の修復が可能。全面を薄く削って新品同様に再生することもできる

・水に弱い

→表面保護のできるオイル塗装・自然塗装を行い、濡れた時にすぐに拭いて乾燥させれば大きな問題にはなりにくい



天然素材の床は、決して手の届かないものではありません。多少の手間はかかっても、それに勝る無垢フローリングの良さがあります。


また住宅用木材は、建築地に近い土地や気候風土で育った木材を使うのが、最も適していると言われています。そのことから、例えばここ埼玉県で家を建てるなら、県の南西部、入間川・高麗川・越辺川の流域で育った地場の杉材「西川材」の床材を使用するのも一手といえます。


お住まいの家のフローリングの傷みや汚れ、きしみなどでお困りでしたら、無垢フローリングへの張替えの検討をしてみませんか。ただしその際は、天然の無垢素材を扱った経験と技術のある業者にご相談をされることをおすすめします。無垢材のフローリングで、足元から部屋いっぱいに広がる温もりと幸せを手に入れてみませんか?