キッチンの収納力UP!リフォームのポイント

 


皆さんこんにちは。

埼玉県八潮市を拠点に、住宅・店舗のリフォーム工事、新築・耐震工事を手がけている黒建です。


部屋をすっきり片付けたいのに「収納スペースがない」「適切な場所に収納がない」など、収納に関するお悩みは意外と多くあるものです。また、住み始めたときは収納に余裕があったのに、年月が経つにつれて収納スペースが圧迫されているご家庭もあるでしょう。収納は、家事を手際よく進めるために、優先的に考えなければいけません。

そこで今回は、なかなかすっきりと片付けにくい場所の代表といえる「キッチン」について、収納力がアップするリフォームのポイントについてご紹介します。




■収納のバリエーションを増やす



キッチンはたくさんの食材ストックや電化製品などを配置しなくてはならないので、どうしてもモノが増えて、すっきりと片付けにくいスペースです。今ある収納ではスペースが足りなくなってきているようなら、新たに収納スペースを増設するリフォームが特効薬となるでしょう。

キッチン収納のバリエーションは、吊り戸棚やシンク下だけではありません。工夫次第で、いろいろな収納スペースを増設することができます。例えば、背面スペースにパイプを取り付けて片手鍋やレードルを装飾のようにぶら下げたり、床下収納を新たに追加したりするなど、キッチンの収納スペース確保にはさまざまな方法があります。それぞれのご家庭のキッチンスペースに合わせて収納のバリエーションを増やし、キッチンスペースを有効に活用できるリフォームを考えることが大切です。




■動線を考えた設計に



収納スペースを増やすことに重点を置くだけではなく、収納したものが使いやすいようになる動線を考えることも大切です。収納はすっきりしまえるという目的に加えて、しまったモノが再び使いやすくて、使ったら元の場所に戻しやすいということも考えなければいけません。

このような動線を意識したリフォーム設計を考えなければ、リフォーム後にいざキッチンを使用したときに不満が生まれやすくなります。キッチンは毎日使用する場所なので、普段の動きに合わせて使用頻度の高いものを取り出しやすい場所に収納・配置するなど、工夫しながらリフォームすることが大事です。

また、キッチンのサイズや形はご家庭によって千差万別です。子キッチンの構造上、収納スペースを充分に確保できないというご家庭もあるでしょう。そのような場合でも、使う人の作業効率や動線設計を考えたリフォームを施してあげると、キッチンをより心地のいい空間へと生まれ変わらせることができるでしょう。




■ゴミ置き場の確保を忘れずに



収納スペースも充分確保できた」「動線もしっかりと考えた」と理想通りのキッチンリフォームを設計していく上で、意外と落とし穴となるのが“ゴミの保管スペース”です。せっかく収納を増やして完璧な動線設計にしても、ごみ箱が邪魔をしては意味がありません。ゴミ収集の際に分別が厳しい自治体にお住まいの方は、ゴミ箱のスペースも多く取られがちです。「生ゴミはどこに捨てて保管しておくのか」「缶やペットボトル用のゴミ箱はどこに配置するのか」など、キッチンリフォームをするときには、ゴミの保管スペースも忘れずに考えておきましょう。




■まとめ


今回はキッチンの収納力がアップするリフォームのポイントについてご紹介しました。住む年数が経つにつれて、家の中のモノはどんどん増えていきます。収納リフォーム直後は「スカスカで大きすぎたかな?」と感じていても、数年経てばギュウギュウ詰めになっているご家庭も少なくありません。最初はスカスカなくらいでちょうどよく、収納容量に余裕のあるリフォームにしておくほうが、後悔が少ないでしょう。


埼玉県八潮市に拠点を置く黒建では、お客様のご要望に合わせた収納リフォームをご提案しております。「部屋が片付かない」「収納が足りない」「キッチンまわりがゴチャゴチャする」などお悩みの方は、新築からリフォームまで手がける住まいの専門家・黒建までお気軽にご相談ください!