集客UPも見込める!アパレル店のリフォームで気をつけたい3つのポイント

 


皆さんこんにちは。

埼玉県八潮市を拠点に、住宅・店舗のリフォーム工事、新築・耐震工事を手掛けている黒建です。


最近では洋服や雑貨などもオンラインショップでの購入が増えてきています。店舗経営をしていく中で、「集客率UP」や「リピート率を上げていきたい」と悩まれている方も多いのではないでしょうか。


質のいい洋服やこだわりの雑貨を販売していても、なかなか売り上げにつながらないということはありませんか?実は、店舗をリフォームすることで集客率やリピート率を改善できることがあります。


そこで今回は、集客率アップにつながる店舗のリフォームで気をつけたい3つのポイントをご紹介します。




■ポイント1 商品のコンセプトと内装はあっているか



お店によって、販売している商品のイメージやコンセプトが決まっていると思います。


例えば、サーファーショップならサーフィン関連の商品や海で着るTシャツ、短パンを販売しています。お店に来られるお客さまもサーフィンや海が好きな方たちが多いですよね。この場合、リフォームするなら店の内装を海や空を連想する青や白でまとめてみましょう。木材もあえて塗装せずに、自然な雰囲気を楽しめるナチュラルテイストにすることで、お客さまも店での買い物を海にいるような気分で楽しめます。


一方、モノトーンのシンプルなファッションを扱うアパレルショップであれば、グレーやブラックを基調にしてみてはいかがでしょうか。コンクリートの質感をそのまま活かした壁や、落ち着いた色味の内装にするとさらに商品を際立たせることができます。


ショップの内装によって、ブランドの世界観をお店全体で表現することが可能です。商品のイメージと内装を一致させながら、お客さまにお店のコンセプトが伝わることを目指しましょう。




■ポイント2 こだわりの試着室でお客さまの満足度UP



アパレルショップのリフォームの場合は、試着室にこだわってみましょう。オンラインショップで手軽に買い物ができてしまう一方で、「試着してから購入したいので必ず店舗に行く」という方もいらっしゃいます。


簡易的なカーテンで仕切っただけのスペースではなく、お客さまがゆっくりと試着できるような試着室を確保しましょう。試着はネット上では不可能なため、オンラインショップと差別化できる大きなポイントになります。お客さまの満足度を高めることで、リピートにつなげていくことができるでしょう。




■ポイント3.お客さまの視点を考えたレイアウト



雑貨店では、気に入った雑貨を家のどこに置こうか考えながら、店内をのんびりと見て回る時間が楽しいですよね。アパレルショップであれば、コーディネートを想像したり、服を比較したりしながら購入するかどうか決めていきます。


店舗をリフォームする際には、お客さまの視点を考えたレイアウトにすることが大切です。トップスとボトムをおすすめの組み合わせで提案できるように隣同士の棚にし、お客さまから常に見えるところに鏡を設置するなど工夫してみましょう。さらに鏡で服をチェックしている時に他のお客さまの視線が気になったり、通行の邪魔になったりすると落ち着いて検討できないので、鏡の設置場所やスペースにも注意しましょう。


また集客のためには、お店の外観が目立つことも重要です。外壁を塗り替えたり、入口のドアをアクセントカラーにしてみたりしてはいかがでしょうか。外壁を店内の様子がわかりやすいガラス張りにすると、初めての方でも入店しやすくなるのでおすすめです。




■お客さまに満足していただける店舗リフォームを


今回は、店舗のリフォームで気をつけたいポイントをご紹介しました。「商品のコンセプトと内装はあっているか」「こだわりの試着室でお客さまの満足度UP」「お客さまの視点を考えたレイアウト」の3つを参考に、お客さまに満足していただけるリフォームを目指しましょう。


埼玉県八潮市を拠点にリフォームを行う黒建では、一般の住宅から美容室、店舗など幅広くリフォームを承っています。「お店のコンセプトに合わせた内装にしたい」「お客様が商品を見やすいようレイアウトを変えていきたい」など、店舗リフォームのことなら、新築からリフォームまで手がける黒建までお気軽にご相談ください!