寒い冬でも暖かく過ごす!手軽にできる窓の断熱リフォーム

 


皆さんこんにちは。

埼玉県八潮市を拠点に、埼玉県、千葉県などで住宅・店舗のリフォーム工事、新築・耐震工事を手掛けている黒建です。


冬に暖房をつけていても「部屋があまり暖かくならない」と感じたことはありませんか?断熱リフォームをすれば暖かく過ごしやすい住居にできますが、壁や床に断熱材を入れるような大掛かりな工事をイメージして、リフォームをためらう方もいらっしゃるようです。手軽に断熱効果を高めたいという方には、窓の断熱リフォームがおすすめです。今回は、寒い冬でもお部屋の暖かさを守ってくれる窓のリフォーム方法をご紹介します。




■熱の出入りが多い「窓」



窓の断熱リフォームと聞いても、「窓を変えたところで大きな効果はないのでは」と不安に思われるかもしれません。そこで、部屋の暖かさと窓がどれほど関係しているのかをみてみましょう。


壁や屋根と比べて、窓は非常に薄い建材です。そのため、家の中で熱の出入りが一番多いのが窓なのです。冬には窓から58%もの空気が出入りしています。温度は高いところから低いところへ移動する性質があるため、暖房で暖めた空気は冷たい窓に流れていき、熱が外へ逃げてしまいます。さらに、窓辺で冷えた空気が部屋の床側に向かって流れていくため、足元が冷たく感じるなど、底冷えの原因にもなってしまうのです。


こうしたことから、室内の暖かさを保つためには、窓の断熱性を高めることが重要なポイントになります。




■窓のリフォームで断熱効果アップ


では、実際に窓の断熱リフォームをするにはどのような方法があるのでしょうか。窓の断熱リフォームには主に4つの方法があります。



1.内窓(二重窓・二重サッシ)を設置



まず1つ目は内窓を設置する方法です。今ある窓の内側に新たに窓を設置するので工事も簡単にできます。特にマンションにお住まいの場合は、内側に窓を設置するため内装扱いになるケースが多く、管理規約がある場合でも工事の許可が下りやすいでしょう。さらに、窓が二重になることで防犯対策や防音の効果も期待できます。



2.樹脂サッシへの交換


2つ目はアルミサッシから樹脂サッシに交換する方法です。日本ではアルミサッシが普及していますが、アルミサッシは熱を伝えやすく、断熱性が低い特徴があります。そこで最近では、アルミサッシに替わり熱を伝えにくい樹脂サッシが注目されています。アルミサッシを樹脂サッシに交換するだけで断熱性がアップし、気密性も高められるでしょう。



3.ペアガラス(複層ガラス)に交換



3つ目はペアガラスに交換する方法です。ペアガラスは複層ガラスとも呼ばれ、2枚で1組になったガラスのことです。ガラスとガラスの間に隙間があり、冷たい空気を閉じ込めることで断熱効果を高められます。



4.窓を交換


最後にご紹介する方法は、窓そのものを交換するリフォームです。ガラスを交換してもサッシに隙間があればそこから風が出入りしてしまいます。断熱効果を高めるためには、ガラスとサッシをまとめて交換する方法がおすすめです。他の方法と比べて費用はかかってしまいますが、その分高い断熱効果が期待できるでしょう。




■断熱性を高めて光熱費も節約!


家の断熱性がアップできると、快適に過ごせるだけでなく光熱費の節約にもつながります。築年数やサッシなどの痛み具合によってもリフォームできる方法は変わってきますので、窓リフォームのどの方法を選んだらいいのか、まずはリフォーム業者に相談してみましょう。


埼玉県八潮市の黒建では、お客さまのご要望をお聞きしながら最適なリフォーム方法をご提案しています。「部屋が寒くて困っているので断熱リフォームをしたい」「窓のリフォームに興味がある」という方は、住まいの専門家・黒建までお気軽にご相談ください!