調理時間を短縮するための最新キッチン設備をご紹介

 



皆さんこんにちは。

埼玉県八潮市を拠点に、住宅・店舗のリフォーム工事、新築・耐震工事を手掛けている黒建です。


ニュースなどで「一億層活躍社会」などが叫ばれていますが、かつて私たちが子供の頃とは異なり、確かに共働き世帯は増えているようです。

独立行政法人労働政策研究・研修機構がまとめた「専業主婦世帯と共働き世帯 1980年~2018年」のグラフを見ると、1980年代と比べてちょうど共働き世帯は2倍に増えています。


●専業主婦世帯と共働き世帯 1980年~2018年


(出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構)


確実に増え続けている共働き世帯にとって、重要となるテーマは「家事の時短」です。そこで今回は、時間がかかりがちな「料理」を、もっと快適に素早くしてくれる最新の“時短キッチン”をご紹介したいと思います。


キッチンもコンロも、ちょっと見ない間にものすごく進化を遂げています!



■電子レンジよりも素早く、おいしく焼き上げるグリル



最近のキッチン設備の進化で特に凄いのが「コンロ」です。焼き魚やハンバーグはグリルで焼き上げる方がほとんどだと思いますが、今や冷凍食品もグリルで解凍・調理することもできるのです。しかもボタンを1回押すだけという手軽さ。たとえば日立「ラク旨グリル&オーブン」では、焼き料理を上下のヒーターで素早く焼くことで、短時間でジューシーに仕上げるのが特徴。冷凍食品の解凍も、直火で温めることで手早く終わります。




ガスコンロとしてはノーリツの「マルチグリル」もおすすめです。焼き料理だけではなく煮料理や蒸し料理、炊飯までできます。グリルだけでさまざまな料理が完成するので、洗い物も手間も省けます。





■スペースを有効活用して同時に料理ができるIHコンロ

3、4口のガスコンロの場合、たいていは「田の字型」の配列になっていると思います。でもそれだと、奥のスペースはどうしても使いにくくありませんか?

「昔から、ガスコンロはこういうカタチが当たり前だけど…確かに使いにくい」。そんな素朴な疑問に応えたのが、Panasonicの「トリプルワイドIH」です。




3つの鍋を置いても余裕があるように設計されており、さらにIHなので火も発生しません。特に、コンロが横一列になった分、手前を調理スペースとして使えること。余裕をもって同時調理ができるので、時短になるのは明らかです!

また「マルチワイドIH」という製品もあります。マルチワイドIHはそもそも口がなく、長方形のスペースだけを確保しています。そのため、幅の広いオーバル鍋などもまんべんなく温めることができます。





■「洗う、切る、捨てる」をシンクで完結

シンクが狭いと、調理時間は倍増しますよね。いちいち食器を別のスペースに移して、野菜を洗い、またスペースを空けて野菜を切り、溜まった生ゴミを捨てて……と二度手間、三度手間が発生します。


そこでおすすめしたいのがタカラスタンダードの「家事らくシンク」です。そもそもシンクの幅が広く、また設計上洗ってから切って、捨てるまでを狭いスペースと短い動線で調理と後始末ができるように工夫しています。いちいちまな板やザルを片付ける手間がなく作業だけに集中できるのも魅力です。





■広範囲を一気に洗える優れた水栓

洗い物をする際にホース上に水が出る水栓に、苛立ちを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。たとえば調理中はまな板や包丁を何度も洗うかと思いますし、キャベツや白菜などの大きめの具材を洗うときなど、まんべんなく水が当たるように回転させながら洗わねばならず、時間がかかるほか水道料金が余計にかかってしまいます。


そんな悩みを解決してくれるのがTOTOの「水ほうき水栓」です。出水口には142個の小さな穴が空いており、ほうき状の水流が流れますので、広範囲を一気に洗えます。節水にもなるのです。

しかも! 水栓の先にボタンがあって、押すたびに吐水・止水をコントロールできます。つまり、食材を持ちながらでも、手がベトベトでも、手の甲や肘などでワンプッシュでお水を止めたり出来るのです。「家事の時短」もできるついでに、「家事をラクに」ということも叶います。





■料理のしやすさを考えたコンセント

現在、調理家電は人気が高まっています。ミキサーやホットプレート、ホームベーカリー、ガラスチョッパーなど、調理のバリエーションだけでなく時短につながるものも多くあります。これらを使うときにいつも困ってしまうのが、コードが調理の邪魔になること。ストレスが溜まるとともに、作業効率が落ちてしまうのは確かです。


そんな声を汲んだのが、Panasonicのキッチン・ラクシーナのクッキングコンセントです。カウンターの下にコンセントがあるので、調理の邪魔をしません。また水がかからないように配慮しています。さらにLIXILのリシェルSIも同じくご紹介したい製品です。ラクシーナと同じような作りになっており、さらにコンセントが引き出しに挟まらないような配慮もなされています。





■まとめ

時短のために各メーカーが工夫を凝らしたキッチン設備をリリースしています。特にお子さまをもつ共働きのご夫婦にとっては強い味方でしょう。今回はご紹介できなかったタイプもありますので、詳細について知りたい方は黒建までぜひお問い合わせください。ご家庭の新生活のスタートが素敵なものになりますように、弊社が全力で暮らしをサポートします。


<黒建へのお問い合わせはこちらへ>

TEL:048-960-0992

http://96ken.jp/contact