リノベーションは大手と地元工務店、どちらがいい? それぞれの特徴を紹介

 

リノベーションを行う時、まず考えなければならないのが依頼先の選択です。大まかな依頼先の候補としては、全国的に知られている大手ハウスメーカーと、特定の地域に根ざして活動している工務店の2つが挙げられます。これらのうち、どちらに依頼するのが望ましいのでしょうか。ここでは、大手ハウスメーカーと地元工務店、それぞれの特徴をご紹介します。




■大手は実績豊富で段取りもスムーズ。ただし当たり外れがある



大手ハウスメーカーのメリットは、実績が多く安心感がある点です。さまざまな現場を経験しノウハウを蓄積しているため、幅広いリノベーションに対応してくれます。社内での教育・研修に力を入れていることも多く、最新技術の導入も早い傾向にあるので、新しいものを試してみたい時は大手工務店が向いているでしょう。


また、営業・設計・施工などに業務が細分化され、それぞれの部門のプロが対応してくれるのも安心できるポイントです。工事の流れや顧客管理もシステム化されているため、お客様があまり主体的に動かなくても、段取りよく工事を進めて品質の高い家を建てられるでしょう。良くも悪くもスムーズなのが大手工務店、といっていいかもしれません。


ただし、スタッフの人数が多い分、その能力にはどうしても差が生まれます。つまり、担当者の当たり外れがあるということです。担当者との相性次第では要望が伝わりづらく、思ったような家が建てられないケースもあります。一度工事が始まってしまうと引き返しにくいので、打ち合わせ中に違和感を覚えるようなことがあれば、他の業者への切り替えも検討してみましょう。



■地元の工務店のメリットは「価格」「技術力」「自由度」



地元工務店は、大手に比べて規模が小さく知名度も低いため、依頼先の候補から外してしまう方もいるかもしれません。しかし、特定の地域に根ざして活動している工務店には、大手にはないメリットもたくさんあります。


第1のメリットは「価格」。地元工務店の場合、業務は最小限の人数で行っていることが多く、余計な人件費が発生しません。加えて、大手のように膨大な広告費をかけていないため、その分が上乗せされず価格が安くなる傾向にあります。業者にもよりますが、資材の調達を地元周辺で完結させられているなら、物流コストも抑えられるでしょう。


第2のメリットは「技術力」。大手ハウスメーカーは品質が安定しているイメージがありますが、実際の施工は現地の大工さんや工務店に依頼していることがほとんどです。そのため、技術力が安定しておらず、いつ・どこでも同じレベルの施工ができるとは限りません。


一方、その土地に根付いて長年活動している業者は、相応の技術力を身につけているもの。仕事を外注せず、自社で責任を持って施工している点も安心感につながります。必ずしも大手が技術力で劣っているわけではないのですが、安定して高品質な施工を求めるなら、長年続く地元の工務店を探した方がいいかもしれません。



第3のメリットは「自由度」。大手と比べて実績は少ないかもしれませんが、会社の規模が小さい分、お客様と会社との距離はずっと近くなります。職人と直接打ち合わせができることも多く、「やっぱり塗り壁にしたい」「キッチンはもっと広くしたい」など、設計や施工に融通が利きやすいのです。自由な発想でこだわりの空間を造りたい場合は、地元の工務店をおすすめします。


そして、アフターメンテナンスを任せやすいのも大きなメリットです。何しろ地元の業者ですから、トラブルが発生した時には素早く駆けつけてくれます。実際に施工した職人なら、家の細かい状態も把握しているので、部分的な修繕も安心して任せられるでしょう。おうちのパートナーとなり、何十年も先まで頼りにできる業者を探してみてはいかがでしょうか。



埼玉県八潮市に拠点を置く黒建では、お客様のご要望に合わせたリノベーションが可能です。地元に密着した工務店ならではの柔軟な対応で、お客様の理想とする住まいをご提案いたします。リノベーション業者をお探しの際は、新築からリノベーションまで手がける住まいの専門家・黒建までお気軽にご相談ください!